睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

いびき、日中の眠気や倦怠感でお悩みの方は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS: Sleep Apnea Syndrome)は、気道の閉塞などが原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。

気道が閉塞しやすくなる主な原因は、肥満や扁桃肥大、あごが小さい、舌が大きい、首が太くて短い、飲酒、睡眠導入剤、喫煙などがあげられます。

睡眠時無呼吸症候群の主な症状

以下の症状でひとつでも心当たりがある方は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性が考えられますので、まずはご相談ください。

眠っているとき・・・ 日中起きているとき・・・
  • 大きないびきをかく
  • 呼吸が乱れる
  • 呼吸が止まっていると指摘されたことがある
  • 息が苦しくなり目が覚める
  • 何度も目を覚まし、トイレに行く
  • しばしば居眠りをする
  • 記憶力や集中力が低下する
  • 性格が変化する
  • 体を動かすときに息切れする
  • 肥満や糖尿病、高血圧である

セルフチェック 眠気の評価(ESS:Epworth sleepiness scale)

眠気の状態

0:眠ってしまうことはない
1:ときに眠ってしまう
2:しばしば眠ってしまう
3:眠くなることが多い

以下の8つの質問に対して「眠気の状況」を参考に、当てはまるものの数字の合計を出してみて下さい。あなたの眠気の状態がチェックできます。


質 問 眠気の状態

1. 座って何かを読んでいる時(新聞、雑誌、本、書類など)

0

1

2

3

2. テレビを見ているとき

0

1

2

3

3. 人がたくさんいる場所(会議、映画館、劇場など)で静かに
  座っているとき

0

1

2

3

4. 1時間続けて車に乗せてもらっているとき

0

1

2

3

5. 午後、横になって休息をとっているとき

0

1

2

3

6. 座って人と話をしているとき

0

1

2

3

7. アルコールを飲まずに昼食をとった後、静かに座っているとき

0

1

2

3

8. 車を運転中、交通渋滞で2~3分停止しているとき

0

1

2

3

あなたは何点でしたか?

5点未満日中眠気は少なく、今のところ問題ありません。
5~10点日中軽度の眠気がありますので、周囲の方にいびきや睡眠中呼吸が止まっていないかチェックしてもらうことをおすすめします。
11点以上日中強い眠気があるので、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
早めに医師に相談することをおすすめします。

このセルフチェックシートは、あくまでも目安となりますの「いびき・無呼吸」などでご心配のある方は、遠慮なくご相談ください。

合併症について

SASによる睡眠中の低酸素血症や高炭酸ガス血症は、肥満、高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病と密接な関係があり、様々な合併症を引き起こすことが報告されています。
合併症は多岐にわたり、高血圧、多血症、不整脈、虚血性心疾患、心不全、脳血管障害、糖尿病、肺高血圧症、インポテンツなどが代表的なものとして上げられます。

睡眠時無呼吸症候群が招く危険性

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)による居眠りは、仕事中や運転中にも悪影響を与えかねません。 近年、SASに関連した交通事故や居眠り運転が原因の交通事故がマスコミでも多く取り上げられています。 「運転中の眠気」の経験割合は、非SAS患者と比較してSAS患者で4倍(40.9%)、「居眠り運転」ではなんと5倍(28.2%)という調査結果も示されています。

SASのことが比較的知られるようになった現在でも、SASが関与したとされる交通事故は後を絶たないのが現状です。 自分がSASであるということに気づかず、適切な検査や治療を行わない人がまだまだ多いということでもあります。 「いつもの眠気」「いつものイビキ」にSASのリスク、ひいては交通事故をはじめとする社会的な事故のリスクまでもが潜んでいるということを改めて考えていかなければいけません。

検査方法 ~簡易睡眠検査~

1) 簡単な問診・アンケート
日中の眠気、生活習慣に関するアンケートを行います。

2) 自宅での簡易検査
当院では、睡眠時無呼吸症候群の簡易睡眠検査を行っております。
寝る前に腕に簡単な検査装置を装着して睡眠し、睡眠中の酸素濃度、呼気の流れ等を記録し、記録されたデータから無呼吸の回数を解析し診断します。

3) 医師の診断 ~簡易検査によりわかること~
睡眠呼吸障害の程度(AHI)が40以上で、眠気などSASの症状が明らかな場合はCPAP(シーパップ)治療の対象となります。

治療について

軽症の場合は、減量や生活習慣だけで症状が改善することもあります。
しかしある程度症状が進んでしまった方は、ひどい眠気のために気力が低下し、減量や生活習慣改善にもなかなか前向きにとりくむことができません。
このような中~重症の方には、鼻マスクによるCPAP(シーパップ)と呼ばれる装置を使った治療が適しています。

医 院 概 要

[診療時間]
月・火・木・金 9:00~12:30 / 14:30~18:00
土曜日・木・金 9:00~13:00
[休診日]
水・日・祝日

[所在地]
〒190-0012 
東京都立川市曙町2-34-6
コクーンビル5階
[電 話] 042-521-6221


ページトップへ